【自動ストア通知機能付き】Valorantの有名なストア確認Botを紹介!

役に立つ雑記

Registerコマンド

registerコマンドを入力することでBotに自分のヴァロラントアカウントを知らせることができます。

/unregister

コマンドでデータベースからデータを削除できるので試しに使ってみたい方にもおすすめです!

少し細長い画像ですがこんな感じの説明がありますね!

オプションは特に必要ないようです!

/register

と入力するだけでOKでした!

実際にコマンドを入力すると

コマンドを入力

こんな感じの画面が出てくるのでValorant(Riotアカウント)のユーザー名とパスワードを入力しましょう!

Valorant(Riot)にログインする際のユーザー名とパスワードです!

注意書きは定型文なので無視で問題ありません!

暗号化されて送信されるようなので安心ですね!

実際に送信してみると他の人には見えないメッセージで「Attempting…」少しすると「Successfully registered」と表示されました!

無事登録出来たようです!!

Riotの2段階認証はオフにしてください!

さて、それでは実際に使ってみます!

でもその前に/unregisterコマンドの説明をします!

unregisterコマンド

このコマンドはValorant Botからデータを削除したいときに実行するコマンドです!

/unregister

これを入力するだけでした!

特にオプションは必要ありません!

/unregister関連が二つあるので間違えないようにしてください!

上の方です。

実際に実行してみると

「データベースからデータを削除しました。」と表示されました!

/store

コマンドも使えなくなっています。。。

再登録したいときは/registerをすればオーケーです!

さて、次はストアを取得してみましょう!

storeコマンド

自分のストア情報を取得するには

/store

このコマンドを入力すればいいようですね!

実際に実行してみると

「Fetching Your Valorant Store」と表示されて少しすると

ストア情報が正常に取得出来、スキンが表示されました!!よかったー!!

「Lv.? Video」となっているところをクリックすると動画も見れるようです!動画がそもそも存在しないのもあるみたい。。。

UIもシンプルかつ綺麗で分かりやすくていいです…!

価格も表示されていて分かりやすいです。。。

数が多いのでシンプルなのはありがたいです。。。

marketコマンド

定期的に開催されるナイトマーケットを表示するにはこのコマンドを実行するといいようです!

/market

実際に実行してみると…表示されましたね!

はい!完璧です!

autosendコマンド

自動ストア通知をしてくれる機能です!

/autosend active [オプションで通知するチャンネル]

とすることで自動ストア通知が有効になります。

逆に通知をオフにしたい場合は

/autosend deactive

を実行するだけです!

本当に簡単ですね。。。

朝の9時に通知が来るようになります!

twitterコマンド

Twitterと連携して機能拡張をできる機能です!

個人的にはこれが一番目玉です。。。

/twitter register

とやることで連携のためのURLが送られてきます。

異様に長いですがTwitterの連携URLは全てこうなので気にしないでください

データベースからデータを削除してほしい時も簡単で

/twitter unregister

を実行するだけで削除されます。簡単ですね。。。

さて、登録してみます!

/twitter registerコマンドを実行すると

こんな感じのUIが表示されるのでTwitter URLをクリックして開きます!

Twitterにログインしているとこんな感じの画面が表示されます。

「アプリにアクセスを許可」を押して許可します!

するとこんな感じのページに飛ばされるので「認証に成功しました」と表示されていたら完了です!

データを削除してほしいときは

/twitter unregister

コマンドでデータベースからデータを削除出来ます。

実際に実行してみるとこんな感じでしたー!

過去のアップデート情報!

大幅なアップデート!

コメント

タイトルとURLをコピーしました