【自作ゲームエンジン開発】Vulkanのインストール

初めに

なんでゲームエンジンを作ろうとしたか

皆さんゲームはお好きですか?

ゲーム面白いですよね~

そんな面白いゲームを作るのもいいのですが、今どきのゲームは大抵ゲームエンジンから作られています。

ゲームエンジンには有名な所ではUnityやUnreal Engine、Nintendo Bezel Engineなど各々のゲーム開発会社のゲームエンジンなどがありますが、今回は私もそんな面白いゲームを生み出す基盤となる「ゲームエンジン」を開発したいと思いました。

なんという単純な理由でしょうか…

まあ他にも細かい理由はあるのですが簡単に言うとそんな理由ですね

本当はそのゲームが動くOS側も作りたいのですがまたそれは別の機会で…

このシリーズの目次というか記事一覧はこちらにまとめているのでここから見るのが分かりやすいかと思います。

どんなゲームエンジンを目指しているか

私が目指しているゲームエンジンについて簡単に説明します。

まず私が好きなゲームはどういうものかですが

  • カジュアル
  • ワイワイ楽しめる
  • リアル過ぎない

簡単に言うとこんな感じのゲームです。

やっているゲームで言ったらFPSやホラーゲームもあるのですが、これらのゲームが好きか?ゲームとして作りたいかと聞かれたら「うーん」となってしまうので自分が作りたいゲームとしては上の三つのような特徴のあるゲームです。

FPSとかは特にストレスがたまるのでね(笑)

なのでそんな感じのゲームが作れるようなゲームエンジンを目標に作ります。

同じようなゲームの作れるゲームエンジンを作成したい方は参考になると思います。

挫折はしないように頑張りますが、すでにVulkanのチュートリアルを少し触ってみて絶望気味…

まああれは慣れだと思うので気長にやっていきましょう~

一応書いておきますがこの記事の対象者はこんな感じ

  • 自作ゲームエンジンに興味がある
  • Vulkanに興味がある
  • 一つのソフトウェアが作られていく様子を見てみたい

はい。こんな感じです。

逆に対象ではないのは

  • Vulkan余裕
  • ゲームエンジン開発余裕

こんな感じです。

私はC++もVulkanも使おうか迷っているQt5も初心者なのでお見苦しい部分ばかりだと思います。

一緒に成長してくれる方や、純粋に興味を持ってくれた人に見ていただきたいです。

私もVulkan初心者なので私の記事は参考程度に見ていただけると嬉しいです。

そして、間違いがあったら優しく教えていただけると嬉しいです。

Vulkanのインストール

それでは早速やっていきましょう。

開発環境

先に開発環境を記載しておきます。

開発環境

・Windows10 64bit

・GeForce GTX1080Ti

・Visual Studio 2017 「C++デスクトップ開発」のみインストール

・Vulkan SDK 1.2.162.1

開発環境はこんな感じです。

MacでもいいのですがWindowsのNVIDIAグラボ環境の情報が多い気がしたのでこちらの環境で開発していきます。

インストール

それではVulkanのインストールです。

こちらのサイトからVulkan SDKをダウンロードしてきます。

私はWindowsですが、自分のOSの「Latest SDK」をダウンロードしてくれば問題ないと思います。

ダウンロードしたら「VulkanSDK」を実行してインストールしてください。

指示通りに進めてもらって問題ないです。特に迷う部分はないと思います。

インストールしたフォルダにあるBinのvkcube.exeを起動出来たらとりあえずVulkanを実行できる環境です。

ひとまず今回はここで終わります。

本当はもう少し書きたいのですが気になるところができたのでまた次の記事で続きを書きます。

ありがとうございました。

完成までたどり着けるように頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました